プロフェッショナル職務能力養成講座

厚生労働省 YES-プログラムについて

企業が若者に求める就職起訴能力の内容 一覧

企業は就職基礎能力として、「コミュニケーション能力」「職業人意識」「基礎学力」「資格取得」そして、「ビジネスマナー」の5つを求めています。

コミュニケーション能力

■意思疎通
自己主張と傾聴のバランスを取りながら、効果的に意思疎通ができる。
■協調性
双方の主張の調整を図り、調和を保つことができる。
■自己表現力
状況にあった訴求力のあるプレゼンテーションを行うことができる。

「コミュニケーション能力」修得の目安 詳細はこちら

職業人意識

■責任感
社会人の一員として役割の自覚を持っている。
■向上心・探究心
働くことへの関心や意欲を持ちながら、進んで課題を見つけ、レベルアップを目指すことができる。
■職業意識・勤労観
職業や勤労に対する広範的な見方・考え方を持ち、意欲や態度等で示すことができる。

「職業人意識」の修得の目安 詳細はこちら

基礎学力

■読み書き
職務遂行に必要な文書知識を持っている。
■計算・計数・数学的思考
職務遂行に必要な数学的な思考方法や知識を持っている。
■社会人常識
社会人として必要な常識を持っている。

「基礎学力」修得の目安 詳細はこちら

ビジネスマナー

■基本的なマナー
集団社会に必要な気持ちの良い受け答えやマナーの良い対応ができる。

「ビジネスマナー」修得の目安 詳細はこちら

資格取得

■情報技術関係の資格
または
■経理・財務関係の資格
または
■語学関係の資格

「資格取得」修得の目安 詳細はこちら